上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、編集エディットモード時での周辺の影響を与えて
スムーズに形状を変更するプロポーショナル・エディッティング機能の説明です。

■プロポーショナル・エディッティング
エディットモードtabにボタンが出てきます。

直接、矢印のマニュピレーターを使って操作できますが
スカルプ同様にカーソル位置を中心に範囲(白い円)が出てきます。

わかりやすくするために
まず最初は、ショットカットキーのG移動、R回転、S拡大縮小を入れ
白い円を出現させ、範囲の調節をすると簡単です。

この白いサークルは影響の出る範囲を示しており
ホイールスライダーを前後に回すことで範囲の拡大・縮小が
可能になります。

なお、この場所以外にも用語やアイコンが表示されるときには
使用できるということです。

<まとめ>
プロポーショナル・エディッティングを使用するときには、
一旦、ショートカットG、R、Sを活用して、範囲を調整してから使用する。

んでは、スタート!
(わかりやすいように1つの点を移動して違いを見せようと思います)



以上

°o?o,,,,o?o°`°o?o,,,o?°o?o,,,,o?o°`°o?o,,

参考 Blender2.59
目次:Trenzaメッシュ研究会について
http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1562.html

°o?o,,,,o?o°`°o?o,,,o?°o?o,,,,o?o°`°o?o,,
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。