上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、3次元のデータに、2次元のテクスチャーを貼り付けます。
その為には、3次元のデータを展開図にすることが必要です。

その方法をザックリ紹介しますね。
気楽にザックリ話しますね。
間違ったこともいうかもしれませんが(笑
(2次元のUVイメージエディターのコマンド説明も多いのし、、。)

今回は、気楽な気持ちで、ふーんぐらいの勢いでお願いします。
きっと苦労していた人いると思いますが、
2.59でも2.4に比べると、かなり良くなっていましたが、
2.66では更に改善されています。

用語的には、シーム:境界(シームレスは境界が無い)
ラップ:包むなど出てきます。

別で、キチンと説明する予定です。

< 概 要 >
■エディットモードtabにする

■展開図を作るためには、辺を選択して境界線を作る。Mark seam
 ツールパネルウインドウにもボタンがあります。
 境界線の解除は、辺を選択してClear seam

■MeshのUnwrapでオブジェクトにより、最適なものを選択する
 ショートカット:U

■画面は2分割して、展開図を作るUVイメージエディター表示をする

■UVイメージエディターでも、通常の選択や移動G、回転R、スケールSを
 することができる。
(もちろん、2次元なのでXとY軸方向だけになります。)

んでは、動画スタート!



以上

°o?o,,,,o?o°`°o?o,,,o?°o?o,,,,o?o°`°o?o,,

参考 Blender2.59
目次:Trenzaメッシュ研究会について
http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1562.html

°o?o,,,,o?o°`°o?o,,,o?°o?o,,,,o?o°`°o?o,,
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。