上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、エディットモード:Extrude押し出し機能を説明します。
簡単すぎるので、重要な基礎的な選択の方法についても
説明しておきます。是非、オペレーションの練習してみてくださいね。

んでは、スタート!!

<エクストリュード>
キューブなどフラットな面の場合には、操作結果の相違点がわかりずらいので
球体のように面の角度が違う時の2つのExtrudeをやっています。
球体でやってみてます。

●shift+Aでオブジェクトを追加します。
 Edit modeにする
 球体を右クリックで選択して、tabを押し、エデットモードに切り替えます。

●押し出す面を選択します。
 面を追加しながら選択(shift+右クリックで追加選択)

■ツールパネルウインドウのExtrude
ショートカット Eを押すと、軸が表示されます。
→その時、X,Y,Zと軸指定をすると、方向が変わります。
→ちなみにExtrude Indivialはショートカットはない(alt+Eでダイアログ)
 操作ボタンで押しましょう!

●マウスを移動して、押し出し、または凹みをつけることができます。

<ポイント>
押し出しExtrudeは2種類あります。
 ①Extrude Regionを選択してみると、引っ付いたまま押し出し。
 ②Extrude Indivialを選択すると分解されて押し出し。

<基本的な選択方法>
■マウスクリック
・右クリック(shiftを押し続けながら+右クリックで追加選択できる)

下部のエディターウインドウコマンドのselectで出来る選択
■全選択/全非選択 ショートカットA

■ボーダー境界  ショートカット B
 マウスカーソルがプラスになり、水平垂直のボーダーラインの中で
 選択されます。操作は、左クリックして範囲をドラッグします。
 マウスを離すと、範囲が確定されます。

■サークル円   ショートカット C
 マウスカーソルがサークルが出てきます。
 サイズは、真ん中のホイールを前後に回すことで。拡大縮小ができます。
 操作は、ペイントブラシでなぞるようにします。
 非選択(消しゴムで消す)にするときには、ホイールボタンを押しながら・・・。
 範囲の確定は、右クリックです。

■インバース反転 ショートカット ctrl+i
 選択しているInverse逆(反対)選択

★ブログを読んでいただいたアナタへのおまけ
 マウスによる範囲内選択
 Ctrlキーを押しながら、マウスを動かすと、範囲が出てきます。
(画像処理ソフトで言えば、投げなわ選択みたいなものです)
 
以上、オブジェクトモードでも使えますよ!!

んでは、今回の動画スタート!



以上

°o?o,,,,o?o°`°o?o,,,o?°o?o,,,,o?o°`°o?o,,

参考 Blender2.59
目次:Trenzaメッシュ研究会について
http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1562.html

°o?o,,,,o?o°`°o?o,,,o?°o?o,,,,o?o°`°o?o,,
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。