上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オブジェクトの移動や追加など出来るようになってきました。
早く、キッチリ操作をする時に必要な機能を今回学びます。

今回は、新しい用語が出てきます。
オブジェクトを選択しているときに、出ているものを説明します。

<3Dカーソル、オリジン、ピボット>
●まず、3Dカーソル!。
 これはわかりますね?左クリックすると、位置が移動します。
 3D空間上のマウスカーソルの位置です。
 ブレンダーではカーソル位置は、赤白のサークルで示されています。
(もちろん、動かしているカーソルの話ではないです。)

 ショートカット Nを押して、プロパティウインドウでも
 オブジェクト同様、3Dカーソルの位置を決めることができます。

●次にオリジン。意味は原点です。
 通常オブジェクト中心(橙色の点)です。

●最後にピボット。意味は軸中心です。(白い○です)
 両方、なんだか可愛らしい名前ですね。

<スナップ(ぴったり合わせる)>
■そして、今回覚えていただくのはSNAPスナップ
 ショートカット shift+S

動画では一応使い方の説明もしますが、説明がとても難しいので、
今回は、用語と、どれを示しているのか?を覚えてください。
3Dカーソル、オリジン、ピボット。。。
何度も操作をやって行くうちに、確実に覚えていきましょうね。

今回は、それぞれ意味があって、動かすときにそれぞれ利用するもので
あるということを理解していただければと思います。
ではまず、基本的な1オブジェクトで説明していきます。

んでは、スタート!!(頑張って説明もやってみます。)



■判ってもらえたか不安なので、オリジンとピボットに関する補足説明

Originオリジン、オレンジ色の原点について説明します。
オリジン。オレンジ色のオリジン。よろしいですか?

オリジンは1オブジェクトに1つ存在します。
標準的には、オブジェクトの中心にあります。
矢印を左クリックでつかんで、オブジェクトを選択すると
もちろん、オブジェクトと一緒にそのオリジンは、
好きな位置に移動させることができます。

オリジンは、オブジェクトの位置X,Y,Zの場所を示している原点なのです。

また同時にピボット(白い○)は、
マニュピュレーターXYZ軸中心にあることがわかります。
これは、移動、回転や拡大縮小などの軸中心であることを意味しています。

1つのシンプルなオブジェクトだったら、オリジンと同じ位置に来ます。
しかし、複雑な形状だったり、複数のオブジェクトが結合したものでは
別の位置に来たりすることもあるので、意味を理解しておいて
くださいね。

もう一回言います。この軸中心の白い○をピボットといいます。

くどいwww

以上

°o?o,,,,o?o°`°o?o,,,o?°o?o,,,,o?o°`°o?o,,

参考 Blender2.59
目次:Trenzaメッシュ研究会について
http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1592.html

°o?o,,,,o?o°`°o?o,,,o?°o?o,,,,o?o°`°o?o,,
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。