上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、モディファイヤーズsimple deformをやってみます。

<事前準備>
----
1.デフォルトのcubeオブジェクトを選択します。
 オブジェクトを右クリックして選択します。

補足:エディットモードでは、オブジェクトモードで選択したものに対して
   編集できるようになります。 

2.次にeditモードにしたいので、tabを押します

3.ツールウインドウのMeshツールのadd「Subdivide(サブディバイド)」を
  クリック。

4.下のサンプルではSubdivide-Number of Cutsを7にしました。
----
動画説明では滑らかな変形ができるようにサブディバイドを先に準備してます。
後からでも出来ますが煩雑になるので、説明を割愛するため先にしています。

んでは、スタート!!


<シンプルデフォーム>
■プロパティエディターウインドウのスパナのアイコンを選びます。
●Modifiersを選びます

add Moddifiersをクリックすると、種類の選択ダイアログが表示されます。
今回は単純な変形のsimple deformを選択します
そうすると、下記のようなプロパティが表示されます。
そして、オブジェクトでデフォルトのTwistが選択されているため
プレビューとして、既に、ちょっと変形されています。

では、シンプルデフォームの概要を簡単に紹介します。
●Twistねじれ
 オブジェクトをねじっていきます。

 ※ここで、曲線を確認しながらサブディバイドしてもいいです。
  細かくすればするほど、複雑になりますが綺麗になります。

●bend曲げる
 曲面になります。ゆがんだ感じになります

●Taperテーパ
 台形のようなものができます

●strechストレッチ
 伸びたり縮んだりします

■Factorファクター
 変形の度合いです。+と-で方向が反転します。

 スライドバーは左クリック長押し。または、ダイレクトに数字入力。

■Limitリミット
 変形しない、制限をかけることができます。
 Limitをかけた寸法領域は、形状が変形せずに、原型をとどめる
 ことがわかります。

<ポイント>
形状変更の確定はオブジェクトモードでApply
(適用で反映されます。また、複数のモディファイを重ねて複合することもできます)

数値の範囲ミスと同様に、設定モードによって、できないことがあります。
その場合、オブジェクトモードに変更して、APPLYを押してみてください。

以上

°o?o,,,,o?o°`°o?o,,,o?°o?o,,,,o?o°`°o?o,,

参考 Blender2.59
目次:Trenzaメッシュ研究会について
http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1562.html

°o?o,,,,o?o°`°o?o,,,o?°o?o,,,,o?o°`°o?o,,
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。