上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、基本的なメッシュオブジェクトの追加方法について
説明します。
時間も余りそうなので、レイヤーの移動方法についても
説明しています。

んでは、スタート!



<オブジェクトの追加>
■まず、追加される位置は、
 カーソル位置(白と赤のサークル)になります。

●上部のインフォメーションエディターウインドウより
 add-mesh-(形状選択)から選びます。

 あるいは
 マウスを中央の3Dビューの中で
 ショートカット shift+a で選択もできます。
 カーソル位置にオブジェクトが出るので、まず、カーソルを確認してください。
 センター(0,0,0)に出してから、位置移動することをお勧めしますが、
 わかりやすいように、バラバラの位置に出しています。

 左からメニューの上から基本形状のオブジェクトを順番に出してみました。
 Plane、Cube、Circle、UV Sphere、Icosphere、Cylinder、Cone…


<レイヤーの移動>
オブジェクトを作業するにあたって、とても便利なものが
2次元画像処理ソフトGIMPでもありました「アウトライン」と「レイヤー」です。
初めて用語を聞かれる人のために、簡単に説明しておきます。

複数のオブジェクトが複雑な配置になってくると非常に便利です。
たとえば、1レイヤー内で重なりっていたりして選択がしにくい時など
レイヤー移動しておいて管理すると便利な機能ということです。

■アウトラインについて(動画では説明を省略しています)
●アウトラインの行の選択は左クリックです。

●そして、右上のアウトラインエディターウインドウには、要素ごとに
 目のアイコン、矢印のアイコン、カメラのアイコンがあります。

 マウスでクリックするごとに、消えたり点いたりします。
 目のアイコンは、画面表示として見えているか、どうか?を示します。
→目のアイコンをクリックして消すと表示は消えます。

 矢印のアイコンは、誤って動かさないように、移動、回転などを
 出来ないようにします。操作禁止ですね。
→矢印のアイコンをクリックして消すと軸の矢印などが表示されなくなります。

 この2つしか使わないと思いますが、カメラのアイコンは
 レンダリングのオン・オフになります。

■レイヤーについて
 1つ1つ丁寧に作業する時にレイヤーがあると便利です。
 フォトショップなどで透明レイヤーだったり、重ねたりするのと同じです。

 下部のエディタータイプボタン内にあります。
(小さなオレンジ色の○が選択しているオブジェクトがある事を示しています)

 標準では、区切りとして10個+10個のマス目で表示しています。
●まず、初期は全て1カ所に、カメラも照明も含めて入っていることを
 覚えてください。

●このレイヤー表示は、キーボードの上部の数字の1~0で切換えられます!
(ナムパッドじゃない方のキーボードの数字入力です)

●まず、objectを選択します。
 カーソルを合わせて、右クリック!!で選択です。

 レイヤー移動操作は、下側のエディタータイプボタンより
 Object-Move to Layerです。
 が、なんかめんどくさいので、これもショートカットを使用します。

 ショートカット レイヤー移動は[M]です。

●まず、シリンダーオブジェクトを選択して、M。次にレイヤーの数字を入力します。

 <ポイント>
レイヤー番号:1-10の場合
ショートカット [M] + 数字(テンキーではない方の数字)
レイヤー番号:11-20の場合 
ショートカット [M] + Alt+数字(テンキーではない方の数字)

以上

°o?o,,,,o?o°`°o?o,,,o?°o?o,,,,o?o°`°o?o,,

参考 Blender2.59
目次:Trenzaメッシュ研究会について
http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1562.html

°o?o,,,,o?o°`°o?o,,,o?°o?o,,,,o?o°`°o?o,,
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。