上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォントはフリータイプフォントが使用できます。
バリエーションを付ける為にも追加しておくと便利です。

見本とダウンロード先
http://www.geocities.jp/gimproject/sample/freetype.html

1.一番下のリンクをクリックしてダウンロードします。

2.freefont.zipを解答します

3..gimp-2.8/fontsフォルダーに解凍したファイルを
fontsフォルダーに移動します。

Windows7の場合には
C:¥Documents and Settings\ユーザー名\.gimp-2.6\fonts
です。

では、フォントを追加してみます。

フォントは範囲選択をして文字の種類、サイズを変更します

ポイントが2つあります。
1.ギリギリに文字を置こうとしないこと

2.フィルターのロゴ効果を入れる前に
 キャンパスをレイヤーサイズに合わせる。を先に行うこと

なお、フォントのロゴ効果を使用中には、メインウインドウ裏に
ダイアログボックスが隠れる場合があるので、PCの下のタスクバー
でダイアログボックスを前面に移動してくださいね。

説明動画はコチラです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。