上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テクスチャーノードを紹介します。

さらりと流します。ここに書いてあることが判れば
とりあえず、OKとして進めていきますね。

■Input
・Time Factor、Valueとして入力するのに使う
・Coordinates 座標系(ノーマルマップに使われるカラー)を出力。
場合によってはグラデーションテクスチャとしても使える
・Texture 作成済みのテクスチャを読み込む
・Image 画像を読み込む

■Output
・Output 最終テクスチャのプレビュー
・Viewer 繋いだ地点でのテクスチャのプレビュー

■Color
・Mix(初期設定) 2つのテクスチャをブレンドする
・RGB Curves 全体またはRGBごとに明度やコントラストを編集
・Invert 色を反転。スペキュラ光沢部分も反転する
・Hue Saturation Value 色相や彩度を調整
・Compose RGBA カラーチャンネルを重ねる
・Decompose RGBA 各色の成分を分解してグレースケール画像を出力

■Patterns
・Checker チェック(市松模様状)
・Bricks レンガ

■Textures
・Voronoi ボロノイ
・Blend グラデーション
・Magic マジック
・Marble 大理石
・Clouds 雲模様
・Wood 木目
・Musgrave マスグレイブ
・Noise ノイズ
・Sticci 凹凸
・Distorted Noise:変調ノイズ

■Converter
・Math 数式による合成
・ColorRamp グラデーションで明度やしきい値を調整して
        グレースケール出力。
        他の効果を掛ける際の範囲設定などとして使える
・RGB to BW 白黒変換
・Value to Normal テクスチャの明度をノーマルとして変換
・Distance 2つのテクスチャを合成してグレースケール出力

■Distort
・Rotate 回転
・Translate 移動
・Scale 大きさ
・At TextureノードとCoordinatesノードを入力しテクスチャとして出力

■Group
・Group名 作成済みのノードグループ一覧

トレンザメッシュ研究会はコチラ
 http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1562.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。