上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は洋服から離れて。。。髪の毛の構造を見てみる。
いや、概念は一緒ですよ。

もう、グダグダとくどく言ってますし、わかりましたよね?

(今回で最後にします。もう言いませんよ♪)

アバターはメッシュで出来ています。そこにテクスの絵が
貼りついているわけですね。

洋服はその上に着るもので、スキンが服になってるだけですね。
洋服メッシュの部分をアバターに乗せるってことです。

もともとあるアバターシェープが個別に設定されているので
洋服メッシュが一番外にあるべきなのに、皮膚のメッシュが
飛び出すことがあるため、透明レイヤーを使って皮膚を消しています。

今回はヘアーメッシュを見てみます。
洋服を頭に着るんです。一緒だよ。

オブジェクトとペラペラのプレートの組合せが標準です。
ペラペラ2枚ぐらいを重ねて、透明な髪の毛のメッシュテクスを
ずらすことで、頭の皮膚が見えなくなるようにすると軽い。

まぁ、髪の毛は洋服よりも目が行くところです。
ここはテンコ盛りでオシャレな感じにアレンジしてみてくださいね。
(あら、ちょっとメッシュを減らせという正反対の表現ですけど・・・。)

また、グレースペンシルドローを紹介します。
ブレンダーの先生になったら、これ便利です。
デザイン画をブレンダーで描くのは、ちょっと慣れが必要なので
難しいと思いますが。。。
紙で書いてスキャンして、ブレンダーの背景にテクスを貼った方が早い!

今回は、サーフェイススケッチングを使いたいので前振りです^^
そして、作業の全体像の流れが見えてきたと思います。

■まとめ■ しょぼいSLだからこそ。
 より品質(綺麗かつ低メッシュ数)にこだわる必要があるという提案。
1.ベースのアバターを使って幾何学的に型紙としてデザインする。
2.編集、モディファイヤーズやシミュレーションを行う
 (メッシュのエッジを出すためにあまり複雑にしない)
  シワをつけたりする(まだ、動画アップできていませんが・・・。)
3.最後にサーフェイススケッチングを使用して最適化する。
4.最終形状をフィックスさせる!!完成。

って流れでした。
簡単に作ることも出来ると思いますが、
クリエーター魂を入れて作りましょうってことでご理解を(笑)

【勉強会 番外編】髪の毛を作ってみるw
【勉強会 49】グレースペンシルドロー

来週は、メッシュ研修会メンバーで第2回目の遠足します。
まず、洋服のテンプレートを見てから、4か所ぐらいお店に行きましょう。
「なんやぁ。テンプレートかいな!」って思うかもしれませんし
ブレンダーが使えることに自信持ちましょうね^^うふふ。
そんなお店はスルーしたらいいです。みんな同じじゃんって
わかってくるからねぇ~。
そして、僕らは荒削りでもチェックしておきたいお店をマーキングだなっ。

★宿題、2週間後に下記のサーフェイススケッチングを使って
何か作ってみてね。うまくできない所を報告してね。エラーでるよ^^
そして、よろしくお願いします。

より滑らかに、よりシンプルに!!Trenza Meshで目指す所です。

【勉強会 50】パイソン:サーフェイス スケッチング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【メッシュ研究会(23)【勉強会 番外編+49】】

今回は洋服から離れて。。。髪の毛の構造を見てみる。いや、概念は一緒ですよ。もう、グダグダとくどく言ってますし、わかりましたよね?(今回で最後にします。もう言いませんよ♪)アバターはメッシュで出来ています。そこにテクスの絵が貼りついているわけですね。洋服...
  1. 2012/05/21(月) 14:27:05 |
  2. まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。