上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Widgetboxは2008年にブログウィジェット制作・配布の
プラットフォームとして大流行し
2009年にリッチメディアオンライン広告として
YouTubeやTwitter、Facebookなどのストリームを入れ
魅力的なコンテンツやソーシャルメディアのフィードを
集約化して人気を集めた。
(僕のYoutubeや10個のブログを完全に閉鎖した後の話ですwww)
ま、Web業界関連の人は誰もが知っている有名な会社です。

そんな世界最大のサイトだが、さらに時代に合わせ
統合と発展をさせています。
それはiphoneやAndroidスマホ対応のWEBアプリ
(html5コンバート)として、ブログや多品種のSNSネットワークの集約を可能として登場しています。
(ま、Widgetは元々オープンソースの組合せで出来ている
のにもかかわらず日本の業者で30万ぐらいから300万ぐらいで
請負う所もあるが、それはいかがなものかと・・・^^;
もっと付加価値の高いもので提案してくださいっ)

実際にCAFEアンドロメダのセレクトショップのサイト
テスト的に使ってみました。

設定に合計1時間(登録は5分もかからないが、素材作成含む)で
自分自身のWEBアプリがかんたんに出来てしまうよ。

どんな風に使うか?動画どぞ!


サイトはコチラ
http://www.widgetbox.com/

特長
1.iPhone & Android compatible.
Mobile web apps work on both iPhone and Android smartphones.

2.Add your content, maps, polls, and more!
Use existing content and create new content.

3.Analytics give you the big picture.
Detailed analytics let you measure effectiveness and optimize performance.

年会費は有料で、サービス内容によるが数万円なので自分で作るとか業者に作らせることを考えれば即採用したいものです。

お店をやってるような自分自身のリッチコンテンツの配信や、
もちろん、グループ全体・スタッフのお店を紹介していく
トレンザ多言語Wikiサイトにも情報発信用として
採用していきたいと思っているアプリのひとつです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。