上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メッシュには、裏表があります。
悪いメッシュと、良いメッシュwww(冗談です)

表が面になっていて、裏面は透明になっています。
もしも混在すると、オブジェクトが割れたり変形したりします。
いびつになっているものは、まず、ここを疑ってみれば
いいと思います。

まず、法線の確認のしかたですが・・・。
下記のように、エディットモードで面を選択して
プロパティウインドウを開き:ショートカット:n
そして、NormalsのFaceにチェックを入れて確認します。
(水色の”法線”が表示されます)
From blender2.59 tutorial for Japanese

簡単なオブジェクトでは、この法線は簡単に揃えられます。
しかし、コマンドを使っても揃えられない場合が出てきます。
(動画では、サンプルが悪くて簡単に揃えられたんですけどw)

んで、揃えられない場合の方法について、無理やり紹介します。

それは、mark sharpマーク シャープして、モディファイヤーズの
Edge Splitエッジ スプリットを行う方法です。

ちょっと上手くいってないですが、動画をご覧ください。
(もっと、メッシュをラフに作って分割の精度を壊したら
 よかったんですかねぇ~?!)


ここ重要:
メッシュに影や変形みたいなものが出来た場合は
法線が逆になっている所がある。
→サークルの押し出しなどした時によく出てきます。
その場合には、境界線を分割して法線を揃えやすくする。
テーパ部分(変形しやすい所は)はマーク シャープしてみる!
ってことを覚えてください。

動画が長くなったのは、話が長いってことですかねっ!
(欲張りすぎた~って反省してます。)

次回は、ちょっと軽めにして、メッシュの分離、
SplitやRip。それと逆に基礎編で簡単に紹介していた
面のつなぎ方を復習しながらやります。
いやいや、きっと動画は話が長い!ぶwww(笑)

もうちょっとモデリングを行って、お店展開を始めて
落ち着いたら、テクス関連の実践編に突入していく予定です。
がんばれ!オレ^^(研究生の前に僕が頑張らないとね!)

トレンザメッシュ研究会はコチラ
 http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1562.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。