上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、何回か番外編で紹介しているアドオン機能について
説明します。
従来の2.4系ではPythonパイソンで作られたものを自分で
評価しながら、特定のルールに従って拡張機能となってましたが
2.5から標準で機能のファイルが付属するようになってます。
次々と新しいものが、Blenderサイトからダウンロードできるように
なっています。最新版には新しい、機能ファイルが入ってます。
(もちろん、有料に変更しているものもあります)

■初期設定では、起動は無効になってますので
 チェックボックスで有効にする必要があります。
1.上部のインフォメーションウインドウから
 FileーUser Preferencesを開いて、Add ONsタブを選択します。

左側に、検索入力とカテゴリー分類が用意されています。
From blender2.59 tutorial for Japanese

2.使用する機能にチェックを入れます。
 (無効にしたいときはチェックを外すだけです)
※三角ボタンを開くと、Wikiを開いたり、バグレポートが可能です。

3.左下部のSave as Defaultを選択すると次の起動時より
  機能が使えるようになります。

注意)
この時点で、起動時のデフォルト(または、ファイルのNEW)の時と
設定されますので、オブジェクトの設定など変更している場合には
変わります。

■標準搭載以外の機能を使用する場合
どこかからダウンロードしてきたものをインストールする方法は
下部のインストール アドオンズをクリックして、ファイルを選択すると
BlenderのAddonsフィルダーにインストールされます。
直接、フォルダーへ入れると、ボタンを押すことなく、勝手にメニューに
追加されています。
何度も同じ操作をするものをメニュー化して作業を軽減してくれるものが
多く、アウトライン他、構造をみることで非常に勉強にもなります。

※一部、画面シーンなど変更されるものもありますので
 とまどうかもしれませんが・・・。(わからなかったら、チェック外してください)

■いろいろなアドオン機能の一部概要紹介
上部メニューから選択するか。ショートカットSpacebar+aです。

3D Navigation
ラップトップなど、numpadキーがない時に、ボタンが出てくるようになります。

●Dynamic Spacebar Menu
3Dビュー上で、スペースバーを押すと、コマンド検索メニューが表示されますが
ほとんど使える機能が分類されて出てきます。
右とか左とか覚えるのめんどくさい。とか、画面が小さい人は便利です。

●Curveaceous Galore:面白い
いろいろなカーブ曲線の追加です。(カーブ、サークルは重要ですね)
花、歯車、多角形、、、、、たくさん追加されますwww

●IvyGen:面白い
草のアイビーを生成するものです。
ちょっと難しいので、別でやった方がいいかも。。。
http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1538.html

●Sapling:面白い
木を生成するものです。
http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1634.html

●Torus Knot:面白い
動画でやりました^^
http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1627.html

●ATN Landscape:面白い
土地の形状を作るものです。SLでは.RAWデータを使いますので
併せて、インポート、エクスポートRAWもチェックしましょう。

●BoltFactory:面白い
まぁなんと、いろんなボルト、ナットが出来ます。

●Pipe Joint:便利
色々な継手として使えます。いや、継手がメインでもいいですね^^

●Regular Solids:便利
多面体で出来ないものはない?
テトラポットも楽勝ですなっ

●Twisted Torus:便利
ドーナツ状のトーラスをねじります。

●Import Images as Plane:便利
参考画像をPlaneに表示します。おすすめ機能です。

●Loop tool:便利
ガンガンモデリングするようになったら、非常に便利な機能です。

●Add Chain:便利
動画でやりました^^
http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1614.html

●Cloud Generator
雲のほかにも、爆発のパーティクルなどもできます。
シーン作りや、16分割アニメーション作りにどぞっ。

●Rigify
アバターなどのArmature(ボーン)とコントローラーが同梱されています。
使ったことないですけどwww

●Scene Infomation:便利
現在使用している、全部の情報をいくつ使っているのか?
プロパティで表示します。
ブレンダーのウインドウに表示されるものは少しですが
たくさんの編集作業を行っていくと確認作業などができるようになります。

おそらく、研究生から質問がありましたが、このことかな?って
思った機能です。テクスとかの数もカウントしてくれます。
(標準表示のことではないっと勝手に思い込んでしまったので)

というように、一部しか紹介できませんが、非常にたくさんの機能があります。
必要都度、番外編で紹介していきたいと思います。

まとめダウンロードサイトについては次回紹介します。
(ご自分でプログラミングしたい方は、Phthonサイトへどぞ)

PS
他には
●Align Tools:便利
複数のオブジェクトの位置、回転角度、スケール数値を一括で揃えます。

3D Function Surfaces:面白い
これまた、メッシュの面を数値を変更することで、おもしろい形が生まれます。

●Gear:面白い
Gearがギア歯車で、Wormは軸型のネジの歯車です。

●Gemstones:面白い
ダイヤモンドとか宝石の形状です。
(適当にやってるせいか、私は不得意ですwww)

●Primstar(2.0は有料L$6000です)
スカルプマップのレンダリングです。(メッシュで行きますが参考まで)
http://dominodesigns.info/node/232

今回は、なんか疲れました^^でも便利で楽しくなること間違いなしっ!!

トレンザメッシュ研究会はコチラ
 http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1562.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。