上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、照明(Lamp)です。
オブジェクトの形状、テクスを確認していく場合に
テクチャーモードで行う方法、そして、レンダリングする方法を
今、説明してました。

ここ重要:Render Image(カメラのアイコン)
      ショートカットはF12(解除はF11またはEsc(STOP)キー)

From blender2.59 tutorial for Japanese


その時に、照明からの影が真っ暗で、見にくい!や位置によっては
オブジェクトの影が、オブジェクトに映り込んでしまっている状態に
なってしまったことも多いと思います。

今回、もっと綺麗に表示させる方法を紹介します。
まず、レンダリングは、オブジェクトの数値データの演算により、
2次元画像を生成し表示させることで、オブジェクトの立体物に
色や陰影を付けることです。
(アニメーション動画を作るときにもレンダリングと言います)

綺麗に見せるコツで一番効果があるのは照明です。
たくさん、準備されてますので自分の好きなものを見つけてくださいね^^

では早速テクニックとして、紹介します。

まず、
■ランプを追加する
1、標準の照明ランプをコピーして、影のある方向に移動する
From blender2.59 tutorial for Japanese


2、F12を押してレンダリングしてみます。
From blender2.59 tutorial for Japanese


影がなくなりました^^

ま、出来たと言えば終わっちゃいますが、こんなのは実用的ではありませんwww
カメラと照明はキッチリ伝えたいので、実際にフロアとか数個のメッシュを追加してみます。

そして、全体が入るようにカメラを移動しました。
カメラ移動は
トグルクワッドビュー(4分割の)Ctrl+Alt+Qで行った方が
やりやすい!でしたね。
From blender2.59 tutorial for Japanese


んで、オブジェクトも追加して、さっきと同じように、照明をコピーして置いてみます。
ねっ!実用的ではありません。
From blender2.59 tutorial for Japanese

そこで、1個コピーじゃなくて+32個使ってみますww

3、サークルを追加します。
(サークルのメッシュの数32個を利用します。
 画像キャプチャーが中途半端だったので、動画にしました)

おお、ここにも
Duplicateコピーがあったのねっ^^って感じで見てもらったらいいですね

前回のカメラと、コピーのところを動画にしました。
ちょっと、咳き込んだり、噛んだりしてますが。。。いつもの事なので、どぞ!


次回は、違う種類の照明Lampを紹介したいと思います。

トレンザメッシュ研究会はコチラ
 http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1562.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。