上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回から数回に渡って、カメラ、照明関係を説明します。
これ、重要ですよね!
SLオブジェクトの画像みて、買ってみたら、なんか違うって
思ったことありませんか?
あんたら、RLで撮影して、SLで落としているなっ!!
ってか、SLがしょぼいwww
そんなズルして、売れたら勝ちなんかぁぁぁぁ~(怒)

あ、きっと広告の世界では勝ちですw
クレームは来ると思いますけどねっ!正規品でも来るし。。
ま、No Needって言って突き返してやります!

さて、ま、重要なカメラと照明。
できるだけまとめたいのですが、きっと話が長くなるので、
連続ものを読む感じでお願いしますw

カメラや照明の位置移動は、一番初めに紹介した
画面4分割のCtrl+Alt+Q(トグルクワッドビュー)で行います。

まず、カメラについて説明します。

■事前準備
標準では、照明が1個なので、裏側が真っ黒になります。
影もできます。

今回は照明の話をしないので・・・。
そこで、ズルをします。
通常GIグローバルイルミネーションと言われているものを使います。

地形や、環境照明であれば、Environment Lightingで
自然な空間が演出できるかもしれませんが、
今回は、オブジェクトの境界などもしっかり見れる
Ambient Occlusion(アンビエントオクルージョン)を使用します。
From blender2.59 tutorial for Japanese


1、プロパティウインドウのワールドを選択する。
2、アンビエントオクルージョンにチェックを入れる。
以上で、準備終わりです^^カメラの説明に照明いりません^^;

そして、カメラの目線というか、まず、思い出してくださいっ!
■カメラは3Dビューやレンダリング時の方向です!
テクスの確認時に、裏面をみたい場合などが出てきます。
そんなとき、レンダリングF12で画面に出てくるようにしてましたね!

おっけーすか?

んではスタート!

1、カメラの位置を変更してあげる。
カメラもオブジェクトの一つです。
オブジェクト同様、移動したり、回転したりすることができます。

しかし、めんどくさい。

そこで、活用するのが、狙った獲物をターゲットにして
移動させる方法です。

まず、ご主人様が後なので、カメラを先に選択して、次に
ターゲットを選択します。そこで

ここ重要:コンストレイン(拘束)は、Ctrl+T(ターゲットのT)
(スポットライト照明の時にも同じことを説明します)
From blender2.59 tutorial for Japanese


試すとわかると思いますが、カメラを水平のまま移動させたいので
真中の「Track to Constraint」を選択します。

はい。オブジェクトに対して、カメラの向きを縛りましたwww

その後、トグルクワッドビューにして、位置を移動させます。
どこに行っても、狙った獲物は、キッチリ中央に入っているでしょ!!

From blender2.59 tutorial for Japanese


ところが、作業を続けていく場合、ちょっと楽になるとはいえ、
表だったり、裏だったり場所を移動して回していくの大変ですよね?
そこで、カメラを追加する方法を説明します。

2、カメラを追加する
カメラも追加できます。add-camera
From blender2.59 tutorial for Japanese


そして、前と同様に、カメラ、ターゲットの順番に選択してCtrl+T

ただ、このカメラは3Dビューでいえばnumpadキーの0ゼロの時
1個目しか対応できません。折角追加したのに。。。
ご安心を、Ctrl+0ゼロを押すと、選択したカメラがONに切り替わります。

ここ重要:Ctrl+0ゼロの切り換えは、カメラオブジェクトまたは
      アウトラインウインドウで選択してから切換える。

From blender2.59 tutorial for Japanese


これで、作業も楽になりますね。
(コンストレインは1つのオブジェクトでも複数のカメラからかけることができました。)

最後に
プロパティウインドウのカメラアイコンの説明を簡単にします。
大作でない限り、全然デフォルト値で大丈夫です。
From blender2.59 tutorial for Japanese


■Lensレンズ
パースとオルソは説明不要ですね。(レンダリング表示が変わります)

・フォーカス距離:
 標準は35mm。それ以下10mmとかだと広角になります
 それ以上、大きくすると望遠レンズでみた感じになります。

・オフセットは、オフセットですw。カメラに入る部分をズラす時に使います。

・クリッピングは、映る範囲(距離)の設定です。
 SLの環境設定でありますね。アレです

・Depth of Field
カメラの焦点位置をオブジェクトまたは距離で指定できます。

ま、こんな所です。

ちなみに、
SLでいうカメラを滑らかに移動させるものは、Flyモードというものがあります。
3Dビュー上で、ショートカットキー:shift+Fです。
操作は、真中に黒い四角が出てきますので、それ以外のとこにカーソルを
移動したり、ホイールを(くるくると長押ししながらカーソル移動があります)使って、
アップにしたり色々。

アニメーション動画は作らないので覚えなくていいです。

トレンザメッシュ研究会はコチラ
 http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1562.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。