上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれ?ブログの原稿がないっ!(アワアワ)
間違ってフォルダー消したか?写真も。。。ガビーン!
アップロード前だったんですよねぇ~

折角ノリノリで書き進んでたんですけど、戻るとなると
ちょっとどんな内容を使って書いていたかも思い出せない。

テクス処理のとこ、説明めんどくさかったんですよねぇ~
画像も作り直さなくっちゃ!

落ち込んでもショウがないので、土日にまた書き直すべし。
今回のスカルプモードは昨日ブログアップ予定で(出来なかったけど)
動画と写真を別フォルダに格納していたのでテキストだけでいいですけど・・・。

やっぱ、クラウドやなぁ~。
ローカルでデータ保管しておくの不安になるwww

んでは、気を取り直してスタート!!

今回は、彫刻的な(引いたり押し出したりする)スカルプ作りをやってみましょう!

この時は、テーマを「アイスクリーム作り」にしています。
通常は、ある程度形状を作ってからスカルプモードで、ゴシゴシすると
思いますが、標準メッシュオブジェクトを無理くり使って紹介しています。
(まだ基礎だし)

完成形はコレです
From blender

まず、動画を先にみてもらいましょうかね!!どぞ


説明します。
スカルプモードとは、マウスを使ってゴシゴシとメッシュオブジェクトに
凸(add)したり凹(Subtract)したりするモードです。

こんな風に盛り上げたり、凹ませたりすることが出来ます。
From blender


通常はブラシツールの形状を選んで、ゴシゴシしますw
(SLで言えば、土地をさわる感じです)

<ポイント>
・メッシュに凹凸をつけるので、サブデバイドなどを使用して
できるだけ細かくした方が、細かな凹凸が付けれます。
(説明では違うやり方で、やってませんが^^;)

・オブジェクトはモディファイヤーズのマルチレゾリューションを
 かけておくと、ゴツゴツした感じがなくなります。
(説明では、ゴツゴツした感じをつけて、ツイストねじってますので
 やってませんが^^;)

この2つです。あとはゴシゴシとあなたのセンスで!
もしも、あんまり変形しないってことがありましたら、Radiusの値を
大きくしたらできませんか?

■まず、①スカルプモードに変更します。
From blender


②ツール形状のアイコン
→⑧の所で設定している形状が表示されます。

③Radius操作の範囲
→影響を及ぼす範囲がピンク表示します。
 メッシュの分割サイズ以上で設定ができます。

④Strength強さの加減
→最大1まで設定できます。お好みで

⑤Add凸にします。
→正確には+方向に引っ張ります。
 (面でなく点でする場合やシンメトリー左右対称時もあるので)

⑥Subtract凹にします。
→正確にはマイナス方向に押し込みます。
 (Addの逆方向です)
 
⑦Brush Mapping
→テクスを貼ったときのマッピングの選択です。
 Fixed:動かした通りに変形。
 Tiled:タイル状に変形;これは実用的と思う
 3D:点の位置で変形。
 ※単色の場合には、どれでも一緒です。
From blender

⑧Tool Select
→たくさんありますwww色々やってみてくださいね。
 通常はDRAWを使います。
 たとえば、どがーんとツカみたいときはGrabグラブを選択
 絞っていく感じはPinchピンチ(点方向につまむ感じです)
From blender


PS
なんとなくやってもつまらないかも知れないので、なにか
テーマが明確な方がこだわって作業できると思いますよ。
ジャガイモとか、お饅頭のひよことかwww

是非、ここではサンプルを作ってみてくださいね。
みんなで見せ合いっこしましょう!(結構個性が出て、おもしろいと思う)
それは、ナーブスサークル使った方がいいんじゃね?!なんて
言いませんのでww

トレンザメッシュ研究会はコチラ
 http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1562.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。