上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はとっても簡単!!
ショートカットキー:Ctrl+M(ミラーのMです)の次に軸選択xyz
以上!!

なんですが、とってもよく使うと思うので、キッチリ操作(前回やりましたが)
をしながら、ブレンダーについて深くやってみたいと思います。
→折角オリジンとピボットを学びましたので練習を含めて
活用してみたいと思います。
 (もちろん、もっと簡単なスナップ機能を使えば、一瞬ですけどwww)

まず、コピーの特性について。
通常のオブジェクトコピーは、左側のオブジェクトツールで
Duplicateデュプリケートオブジェクトをクリック!!
(ショートカットキーはShift+Dでしたね。)

そして、マウス移動して・・・。
または、gx2など升目移動をしながら左クリック(またはEnter)でした。

初めにAdd追加だけした標準メッシュではわかりにくいのですが
ピボット(白い丸)軸の中心からの相対で追加されています。
今回のミラーに対しても、コピーというものはピボット(白い丸)に対して
出来る特性があるんですねぇ~^^


ということで、ピボットを活用して、ホントか?確認してみましょう!
では反転コピー「ミラー」やってみましょう!!

んでは、スタート!!

まずミラーする前に断っておきますが、元のオブジェクトはコピーして
置かないとなくなっちゃいますwww(単なるオブジェクト反転しちゃいます)

オブジェクトは、こんなものをつくってみた(なんじゃコリャ?!)
From blender


■事前準備として、ピボットを移動して軸を決める。
 そして次に、オブジェクトのコピーをする!!
①ビボットを移動して、軸対象位置にオブジェクトをコピーします。
つまり、まず反転する軸を決定します

まず、tabキーでエディットモードにします。
反転する軸の点を選択します。
ピボットが、点に来ます
From blender

ちょっと遠回りしますよぉ~
ショートカットキー:nを押してプロパティウインドウを開く。
ロ―カルを選択する
Vertex選択している点の数値をコピーして、カーソル位置の数値を同じにします。

違うやり方として、
Shift+Sを押して、SNAPで簡単に位置を移動することもできるwww
From blender


無事にピボットが、オブジェクトの端っこの軸上に移動させることができました^^

②Shift+Dを押して、Enter(または左クリック)で確定
1つに重なって見えてますが、2つのオブジェクトがそこにはあります!

■ミラー
③オブジェクトそのものを反転する
\_( ゚ロ゚)ここ重要:Ctrl+m(ミラーのm)
object-Mirror-Interactive Mirrorを選択すると
オブジェクトが白くなります。(まだ反転されていません!3Dビューには反映されないです)

そして次に反転する基本軸を選択します。
x,y,zと入力すると軸方向に反転します。
(確定前だったら、何度でも変更できます。ここで、Xを押したり、Zを押したりすると反転する位置が
 変わってきます。面白いので、やってみてください。)

今はY軸方向に反転ミラーしたいので
Yを押す。・・・・違う!!
もう一回Yを押す。・・・・これこれ!!
From blender

位置の確定はEnter(または左クリック)
コピーすることができました。
角度を変えて、ちゃんと出来たか?確認してみます↓
From blender

はい。できてますね^^

<おまけ>
もう一つの方法を紹介します。
オブジェクトのモディファイヤーズを使用してコピーすることも出来ます。

編集モディファイヤーズの場合には、オリジン(橙色の点)が基準です

まず、現在のカーソル点にOriginを移動します。
From blender

モディファイヤーズ!!Mirrorを選択する
From blender


プロパティウインドウのチェックボックスにチェックを入れてみると・・・。
From blender

同時にミラーコピーすることができたりする。

今は、Y軸方向だけなので・・・。
From blender


もう蛇足かもしれませんが最後に
メッシュデータではポイントが重複しているはずなので・・・。
一旦、tabでエディットモードにして、aを押して、全部選択します。
メッシュツールウインドウのRemove Doublesを押して、重複点を削除して完成です^^
From blender


って感じです^^
ま、オブジェクト制作も半分だけ、1/4だけを作って反転させると作業時間が
短くなるってことだなっ!
スカルプマッピングも半分作ったらできますねぇ~。

今回は、オブジェクトを1つから2つにする方法についてやってみました。
次回は、彫刻的な(引いたり押し出したりする)スカルプをやってみましょう!

トレンザメッシュ研究会はコチラ
 http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1562.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。