上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブレンダーを起動します

From blender


広告の画面は、他のところをクリックすると消えます。
(もし、また見たい人はblenderアイコンを押すと出るwww)

From blender


すると、初期のキューブが出てきます。
SLでもそうですが、3次元の方向を色で表示します。
X,Y,Z軸に対して、赤、緑、青の順番です。

さて、まず、始めにお断りですが私が使用するのは
ごく普通のディスクトップPCを使用していきます。
つまり、テンキーのあるキーボードを使います

ラップトップPCでもテンキー切換え操作できますが省略します。
(ラップトップで操作する場合には設定を変更します。
File- user prefarense -input - Emulate numpadにチェック入れる)
これはショートカットキーを多様していきますので
先に書いておきます。

今回は、初回ですので操作画面の説明をします。
大体、イラストレーターでもそうですが
メニューを覚えるというか、見ただけで嫌になる人も
多いと思います。
実は、大作を作らない限り、使用するものは
そんなに覚える必要もないかもです。
つまり、習うより、慣れろ!!って事なんですけど・・・。

んでは、スタート!!

操作画面の説明です。名前も覚えていただくと説明の話が早くなるので
ありがたいです。
ほぼエディターとか略して言うようにしますが^^;

From blender


大きな中央画面は
①3Dビュー エディター ウインドウ
下に通常良く使う⑤エディター タイプ ボタンがあります。
変更することで、中央の画像を変更する事ができます。
表示を変更したりするのは、使う時に説明します。

ウインドウの分割
右上のマウスを斜めの所(矢印書いている所)で左クリックで
マウスカーソルが十字マークになったときにドラックして分割していきます。
(小さい十字ボタン右上の丸いものは別で説明します。各、仕様のデータ値が出てきます。)
 別のウインドウが開くので^^;にゃは)

ウインドウの統括
同じようにドラックすることでできます。

\_( ゚ロ゚)ここ重要4つの画面に分割したいとき
左下のビューviewをクリックして
トグルクワッドビューtoggle quad view(CTRL+Alt+Q)にすることで
CGソフトでよくある画面にすることができます。
(もちろん、右上の白い+ボタンでドラッグして
 分割することもできます)

From blender


なんか、ここだけでもクリエーターっぽくなってきましたwww

また
フルビュー(3Dビューの拡大)に変える場合には
ctrl+↑。そして、戻すは、もう一回、ctrl+↑。
(ctrl+↓でも同じことができます)
各エディター ウインドウが隠れて画面一杯でみることができます。

From blender


次に上部には
②インフォメーション エディター ウインドウ
ファイルを開いたり閉じたりするウインドウズでよくある操作があります。

\_( ゚ロ゚)ここ重要ファイル-ロードファクトリーセッティング
→デフォルトに戻すもの
 慣れないうちに、変になったら元に戻すっことですwww

ちなみにですが、ファイルの読み込みimportや書き出しexportは
下記のデータ拡張子が可能です。

■Import
From blender


■Export
From blender


Import:.dae .bvh .svg .ply .stl .3ds .obj .x3d .wrl

Export:.dae .bvh .ply .stl .3ds .fbx .obj .x3d .mdd

データはフリーや有料などゴロゴロしてますので、それをベースに
オリジナルのものを作るってことも出来ます。(別途紹介します)
フリーや買ったものだからと言って、そのまま販売するのは
控えましょうねぇ~^^
皆さん判ってますように、やっぱ、オリジナルはいいですね^^

他にも、自分で作ったインターフェイスを
+ボタンで名前をつけて作業を保存する事ができます。
デフォルトは連番です。

シーンにも名前をつけて保存をすることができます。
一旦、作業を中断する場合などに使用します。

右部には 上から
③アウトライナー エディター ウインドウ
色々なオブジェクトやエレメントが階層になって
表示されます


④プロパティ エディター ウインドウ
スライダーや数字をダイレクトに入力する事ができます。

境界線はマウスで幅を調整する事ができます。
画面サイズに応じて調整します。

三角ボタンで展開したり折りたたむ事ができます。

アイコンで表示されているので編集をマウスクリック
で行うことができます

パネルは境界線があり、ドラッグして
自由に移動する事ができます。
自分の良く使う、使いやすいレイアウトで使用することが
できます。

尚、左側の表示により、アイコン表示は変わります

下部には
⑤エディター タイプ ボタン
3Dビューの表示を変更する事ができます

⑥タイムライン エディター ウインドウ
アニメーションの編集などに使われます。
ここでは省略します

左部には
⑦ツール パネル ウインドウ
選択するオブジェクトによって変わります。
また、tabキーを押すごとにビューと編集を
切り替えることができます。

もちろん
境界を左マウスクリックでドラックすると
幅を小さくして、隠すことができます。


うーん、基礎っぽい^^難しい用語があるけど
何度も使いますのでSL同様なれてきます。
絶対大丈夫www

今回は
Ctrl+Alt+Q
Ctrl+↑(またはCtrl+↓)で画面モードを切り替えます。
を覚えてくれたらOKですかね?!

画像①~⑦をまとめちゃったのでわかりにくかったかも知れませんが
ご愛嬌ということで、また明日^^

トレンザメッシュ研究会はコチラ
 http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1562.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。