上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パーティクルの話です。(興味もないかもしれませんが^^;)
久々に作ろうとしたら、すっかり忘れてましたけど
tealのパーティクルラボラトリーに行って
ちょっと思い出しましたよ♪
ダイレクトにするのは面倒なので、ツールを使いました。

→詳しくは「パーティクルが好き」ってググっていただくと
 値等の説明が出てくると思います(@^▽^@)ニコッ

途中までなんですけど、やったことをメモしておきます。
まずパーティクルの範囲をサイズを知るために
オブジェクトサイズを使って、装着します。
今回、手の平だったので、手の甲側に漏れないようにとか
手のサイズ(僕は大きめだと思いますが)の値を確認しました。

◎カラーRGB
■点、もわもわ共通

カラーラボで色から番号を探す
色を見ながら値を確認する事ができます。
http://www.visibone.com/colorlab/

こんな一覧表のビルドツールもあります。
Teale's Color Chart
color_001.png


255がvectorでは1なので255を分母にする
(つまり割る)

Red 255、0、0    => <1,0,0>
Purple 255、0、255 => <1,0,1>
Blue 0、0、255    => <0,0,1> 
Light_blue 0、255、255 => <0,1,1> 
Green 0、255、0    => <0,1,0>
Yellow 255、255、0   => <1,1,0>
Pink 255、0、102  => <1,0,0.4>


◎サイズはスタートとエンドサイズがあります。
 どこかに装着するなら球体オブジェクトを
 出して、装着しサイズをみます。

今回、手の平にもわもわを持っている感じで
ポンと点が開き消える感じのパーティクルを制作します。

■点     

サイズ
0.13
なんですけど
バースト半径とAgeを使って少し広がりながら消えるように
0.05 0.2にしてみました

スケールは0.13ではなくて最小0.05です   

点黄色

設定値一覧

llParticleSystem([0,291,9,4,16,0.050000,22,0.000000,23,3.140000,1,<1.000000, 1.000000, 0.000000>,3,<1.000000, 1.000000, 0.000000>,2,0.750000,4,1.000000,5,<0.050000, 0.050000, 0.000000>,6,<0.050000, 0.050000, 0.000000>,19,0.000000,7,0.200000,13,0.600000,15,30,8,<0.000000, 0.000000, 0.000000>,21,<0.000000, 0.000000, 0.000000>,17,0.150000,18,0.150000]);



■もわもわ
サイズ
0.05→0.18

パーティクルAgeも下げバーストカウントも下げ
アバター負荷を軽減します。
いわゆるパーティクルカウントを下げる。


もわもわ黄色

設定値一覧
llParticleSystem([0,339,9,1,16,0.000000,22,0.000000,23,0.000000,1,<1.000000, 1.000000, 0.000000>,3,<1.000000, 1.000000, 0.000000>,2,0.800000,4,1.000000,5,<0.050000, 0.050000, 0.000000>,6,<0.180000, 0.180000, 0.000000>,19,0.000000,7,0.300000,13,0.050000,15,1,8,<0.000000, 0.000000, 0.000000>,21,<0.000000, 0.000000, 0.000000>,17,0.000000,18,0.000000]);

んで、これを合成するツールがあるんです。
パーティクルシステムはテクスとか複数入れれたりしますし
パーティクルの切替もできます。
昨年の夏前から、1primに違う種類のパーティクルを複数(3つまでかな?)
同時に入れることができるようになったのでこれを取り出しました。

color_002.png

合成できないwww何度やっても同じなので、明日またやり直します

memo

llParticleSystem([
PSYS_PART_FLAGS,(0
| PSYS_PART_EMISSIVE_MASK
| PSYS_PART_INTERP_COLOR_MASK
| PSYS_PART_INTERP_SCALE_MASK
),
PSYS_PART_START_COLOR,<1.00000, 1.00000, 0.00000>,
PSYS_PART_END_COLOR,<1.00000, 1.00000, 0.00000>,
PSYS_PART_START_ALPHA,0.750000,
PSYS_PART_END_ALPHA,1.000000,
PSYS_PART_START_SCALE,<0.05000, 0.05000, 0.00000>,
PSYS_PART_END_SCALE,<0.05000, 0.05000, 0.00000>,
PSYS_PART_MAX_AGE,0.200000,
PSYS_SRC_ACCEL,<0.00000, 0.00000, 0.00000>,
PSYS_SRC_PATTERN,4,
PSYS_SRC_BURST_RATE,0.600000,
PSYS_SRC_BURST_PART_COUNT,50,
PSYS_SRC_BURST_RADIUS,0.100000,
PSYS_SRC_BURST_SPEED_MIN,0.150000,
PSYS_SRC_BURST_SPEED_MAX,0.150000,
PSYS_SRC_MAX_AGE,0.000000,
PSYS_SRC_OMEGA,<0.00000, 0.00000, 0.00000>,
PSYS_SRC_ANGLE_BEGIN,0.000000*PI,
PSYS_SRC_ANGLE_END,1.000000*PI]);

llParticleSystem([
PSYS_PART_FLAGS,(0
| PSYS_PART_EMISSIVE_MASK
| PSYS_PART_INTERP_COLOR_MASK
| PSYS_PART_INTERP_SCALE_MASK
),
PSYS_PART_START_COLOR,<1.00000, 1.00000, 0.00000>,
PSYS_PART_END_COLOR,<1.00000, 1.00000, 0.00000>,
PSYS_PART_START_ALPHA,0.750000,
PSYS_PART_END_ALPHA,0.000000,
PSYS_PART_START_SCALE,<0.05000, 0.05000, 0.00000>,
PSYS_PART_END_SCALE,<0.18000, 0.18000, 0.00000>,
PSYS_PART_MAX_AGE,1.000000,
PSYS_SRC_ACCEL,<0.00000, 0.00000, 0.00000>,
PSYS_SRC_PATTERN,1,
PSYS_SRC_BURST_RATE,0.100000,
PSYS_SRC_BURST_PART_COUNT,20,
PSYS_SRC_BURST_RADIUS,0.050000,
PSYS_SRC_BURST_SPEED_MIN,1.000000,
PSYS_SRC_BURST_SPEED_MAX,1.000000,
PSYS_SRC_MAX_AGE,0.000000,
PSYS_SRC_OMEGA,<0.00000, 0.00000, 0.00000>,
PSYS_SRC_ANGLE_BEGIN,1.740000*PI,
PSYS_SRC_ANGLE_END,1.000000*PI]);

表示は上手く行ってるのですが、スクリプトが壊れている感じなので
もう一回、やり直します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。