上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポーザーに関するまとめです。poser7.0Jを使用しています。
(8ではないです^^;もう2年ぐらい前の話ですしねぇ~)

フリーソフトQavimator(俗称:キューアビ)ではなく
アニメーションを有料ソフトを使って制作する方法です。
メーカーの動作補償のないウインドウズVistaを使用し
悪戦苦闘しながら取り組みました。
操作方法は、もちろん同じなので参考になればと思います。

利点は、データ流用ができる。コピーなど同じ作業を割愛できる。
→作業の効率化とデータ共有化を推進しました。

トレンザスタッフの方でグーグルグループに入っていただける方という条件で
ポーザーを勉強しようという人には、L$5万を支援しています。(継続中)
→学ぶ者。。好き━━━(っ'∀`c)━━━━!!です。不足分は働けぇー。

また、最近ブレンダー講座をはじめています。
ポーザーで参考になるもの。。。それは、部位という概念です。
ブレンダーはMeshオブジェクトですから、ばらばらです。

たとえば、Meshアバターにするとき、3Dデータがあっても
ボーン(ブレンダーはボーンといいませんが^^;)と関連つけなければ
なりません。どの点、エッジ、面を関連つければ、きっちり動作するのか?
きっと答えはポーザーが教えてくれることでしょう。
そう思って、まとめようと思いました^^

人間型アバターが数値で変えれなかった所もMeshオブジェクトで変わるでしょうし、
タイニーがアバターになるときも近いのかもしれませんねぇ~
(普通のアバターのようにダンスしたり、腕や脚を折り曲げなくてよくなるとき)

ま、僕は男性だからかもしれませんが、プリムに写真を貼ってもいいぐらいで
あんまりアバター興味なかったりするけれどwww

アニメーション講習

(01)☆SLアバターの設定

(02)☆カメラワーク、表示

(03)☆アバターの部位

(04)☆ポーズを作る

(05)☆モーションデータの保存

(06)☆アニメーションのアップロード

講座番外編☆ちょっとブチ切れる前に☆ポーザー

(07)☆ポーズ間のマニュアル補正

(07’)☆補足☆スプライン削除

(07’)☆補足☆グラフ補正

(08)☆ループアニメのつなぎ方

(09)☆足の位置固定

(10)☆ギターを弾きがたってみる

(11)☆バック転(宙返り)してポーズ

講座番外編☆Youtubeへのアニメ投稿

(12)☆ポーザーとセカンドライフのズレ

(13)☆インバースキネマティクス

(14)☆インバースキネマティクス

(15)☆インバースキネマティクス

(16)☆ジェスチャーへの使い方

(17)☆sitスクリプトでの使い方

(18)☆wearスクリプトでの使い方
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。