上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モディファイヤーズの1回目はプロパティを
操作して、変形をしました。
今回は、ボタン操作により、オブジェクトを変形してみます。

準備します。
Mesh-UV Sphere球体をデフォルトのcubeオブジェクトの上に
出します。
そのまま、addするとオブジェクトセンター揃えが出来ますが
ちょっと違った出し方してみますね^^


1.マウスカーソルを上に移動して
  shift+aでオブジェクトを(適当に)出します。

11020101_convert_20110202222322.png

2.大体中央に来るようにします
  上から見てみます。Z軸方向はnumpadの7を入力します。
  ずれていますので、X軸とY軸を修正します。
  オブジェクトのOrigin(中心点)から出ている矢印を引っ張って
  SLで行うように調整します。

11020102_convert_20110202222348.png

3.Y軸とX軸(numpad1と3)を入力して画面切り替えて
  センターか?確認します。(適当でいいんですけど^^;)

4.3Dパース(マウスセンターホイールをクリックしながら回転)
  でアップにして確認すると、少し、埋まっています。

11020104_convert_20110202222409.png

  ?微妙ですね?-----

  2つのオブジェクトを重ねて形状を編集する機能を使って
  確認してみましょう!

  どっちでも良いのですが
  まず、cubeを右クリックで選択して、右側のスパナアイコンを
  クリックします。

  出たぁぁぁ。モディファイアーズwww

11020105_convert_20110202222429.png

  ブーリアンを選択します。スクリのANDとかORで出てきた用語^^
  (ま、重なっている所とか差みたいなことをするんです)

  Operationは初期はIntersect重なりになっています。
  ここで、sphere球体を非表示にして、重なりだけを表示してみます。

  ↓重なった所だけが表示されます。

11020107_convert_20110202222450.png

  ↓今度は、重なった所が凹んで表示されます。

11020108_convert_20110202222510.png

  ↓わかりずらいので、ワイヤーフレーム

11020109_convert_20110202222530.png

\_( ゚ロ゚)ここ重要:ショートカットはz(ワイヤーフレーム)  
※下部のエディタータイプボタンのMode切り替えの1つ右。

  '`ィ(´∀`∩。重なっていましたね^^---脱線終了!!!

5.こんなときに確実に簡単に接地点を作るのが、スナップ機能です。
  スナップ機能は、2次元CADのグリッドみないなもので、移動を
  点、辺、面、オブジェクトでポンとSnapして飛んであわせてくれます。

  もしか?ややこしいこと言いました。
  3Dビューの升目はユニットと言いますwww
  移動などで数値を入れることでショートカット入力できます。って
  説明しましたgx2とか・・・。升目の名前言ってませんでしたm(__)m

6.ではやってみましょう。
  object modeのままcube立方体の面でスナップしてみます

  まず、cubeを選択します。
  下部のエディタータイプボタンでFaceを選択します
 (Vertexは点、Edgeは線、Faceは面、Volumeは面)

11020110_convert_20110202222558.png

  接触面でピッタリしたいのでターゲットはClosestのまま。
  磁石のマークをクリックしてSnapを効かせます。

11020111_convert_20110202222617.png

  次に、UV Sphere球体を選択します。
  z軸方向に球体を下げていってください。
 
  ポーーーーーン。球体が急に上がるとこが出てきます。接触面になりました^^
  こんな風に、勝手に戻るところがあり、Snapが効いていることが
  わかります。

11020112_convert_20110202222639.png

準備おわりwww

かなり、説明がくどかったかもしれませんが御愛嬌!!

んでは、スタート!!

■Edit mode
1.tabを押し、エデットモードにします。

2.サブディバイドで細分化します。3回ぐらいしますね。

11020114_convert_20110202222701.png

3.Deform
中央の4つの面を選択(shift+右クリックで選択)して
 Edge slideをクリックして、面を突き出してみます。

11020116_convert_20110202222721.png

 ここから、Smooth Vertexを数回押して行くと(点を均一化してあげる)
 こんな形になりました。

11020117_convert_20110202222751.png

 角度を変えて見てみます。
 (ああ、点を選択してなかったので、中央じゃないwww
  移動する前に点選択するとセンターになります)

 3Dビューを回転させ(マウスのセンターホイールクリック)
 寄せます。(水平垂直移動は、shift+センターホイール。) 
 さらに、Edge線を選択して、伸ばしてみます。

 ここで、スムーズバーテックスで突き出した2つのEdgeを選択して
 さっきの突き出した所と同じぐらいの高さにしてみます。
 (完全に意味もなく遊んでいるwww)

 ま、点や線、面単位で、押し出しができるっていうことです。
 (遊んでいるので省略) 次行きましょう!!
 ※ちなみに、確定(左クリック)して、違うコマンドを組み合わせて
  変形させることもできます。(当たり前のことを書いてますけどww)

4.addのExtrude
 Extrudeは2つあります。

 違いを説明するためにcubeを選択しなおします。
 Editモードを抜けて、オブジェクトモードにします。tab
 球体を選択。右クリック
 もう一回、Editモードにする。tab
 →操作は1秒もかからず簡単だけど、説明が大変だなぁ~
  オブジェクトをJOINとかしとけばよかった(ブツブツ

11020118_convert_20110202222813.png

 Extrude Regionを選択してみるとこんな感じ。引っ付いたまま

11020119_convert_20110202222836.png

 Extrude Indivialを選択するとこんな感じ。分解されて・・・です。

11020120_convert_20110202222859.png


今回はこの辺で^^;

計画性がないとこうなるわけね。と反省!!
ま、いろいろ横道外れながら続けていきましょうね^^

次は、その3でペジェ曲線を使って、壺みたいな
もの作ってみましょうかね?!

みなさん、Meshオブジェクトさわって。。スカルプって感じして
ないかもしれませんが、スカルプやれてますよ♪
壺みたいなもの作ったら、メタセコイヤみたいでスカルプって感じる
かもって思ったので、そうしましょうね!!

では、また明日^^

ブレンダー目次
http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1455.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。