上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今まで、オブジェクトという表現をしていましたが
今回エディットモードを表示して、点・線(それと面)
であることを学びたいと思います。
点(point)、線(edge)、面(face)
用語は覚えなくてもいいんですけど、無かったら説明がしにくいwww

んでは、スタート!!

Meshオブジェクトを変形する前に!!
cubeで説明します。(シリンダーなど色々やってみてください)

3Dビューをオブジェクトmodeからエディットmodeに変更します。
下部のエディタータイプボタンより選択。

110128101_convert_20110128152601.png

EDIT modeにすると沢山の点・線が表示されます。
これが、Meshオブジェクトを構成している要素です。

線は、点が繋がったものです。

面は、3つの点または4つの点が繋がったものです。
(これをポリゴン面といいます)

表示モードの切替は頻繁に使います。
(僕が見たがり知りたがりだから・・・という訳ではなく誰でも)

ショートカットキーは、オブジェクトを選択してない状態で
tabです。つまり、選択されていたらsellect all(ショートカットa)
を押して、選択しない状態にする。
(前に説明しましたが覚えていますか?)
そこで、tab
覚えちゃいましょう!!

\_( ゚ロ゚)ここ重要:表示モード切替はtab。非選択にしてtab。
左側のツール パネル ウインンドウも変化します。
Object ToolがMesh Toolになります。

もう一つ良く使うものがあります。

\_( ゚ロ゚)ここ重要:
面の細分化Addから選択するSubdivide(サブディバイド)です。
選択すると、下に、Subdivideが出てきますので
スライドバーまたは直接数字入力をします。

分割には、ルーフカットやナイフなどもありますが
一番使うんじゃないかな?と思います。

110128102_convert_20110128152206.png

今しませんが、面(face)を選択して
add-Subdivide(サブディバイド)すると
面は押すごとに、1つのものが4分割されていきます。

また、押すごとにと言いましたが、押すと確かに分割されますが
numberと表示がリンクしていません。

110128103_convert_20110128152223.png

分かってやるなら良いですが、
ctrl+zでUndo機能などを使って元に戻しながら調整することも
できますが逆にめんどくさいですよね?

気にならない方は、そのまま数字は異なりますけど使えます^^;

こちらもしませんが、
オブジェクトを選択してサブデバイドしていく時
全部を選択(ショートカットa)することをお勧めします。
理由は、1つの面を分割していく時、3点でも面は構成できるので
分割すると選択していない面が三角の分割がなされます。

↓こんな感じになるwww
http://blenderintroduction.web.fc2.com/knowledge_editing_subdivide.html

ま、活用したい人はいいんですけど、やたら気になるので
僕は嫌いです。だから非選択a-全選択aをよく使います。

■もう一つ「おまけ」です
blenderは何も無いところから点を追加することはできません。
しかし、一旦、点を追加して全部消すと先ほど出来なかった事。
つまり、点だけでポリゴン面を作ることが可能になります。
(それがなぜなのか?わかりません。
 ま、いきなり点からスタートする人はいないんでしょうね??)

したがって、必ず、Meshオブジェクトを置いてある状態で
そこに点、面を追加していくことになります。

ちょっとやってみます。

非選択aを入力して、tabを入力して、エディットモードにします

ctrl+左マウスクリックで点が出来ます。
連続でクリックすると線が出来ます。

110128104_convert_20110128152241.png

今度は面をつくります。
一旦、非選択aを入力して、先ほど追加した点(Point)を選択して
行きます。

shift+右マウスクリックで点を順番に選択してきます。

出来たらそれを選択した状態のままショートカットf(face)を押します
faceができました。

110128105_convert_20110128152258.png

点、もしくは面を選択し、faceを作っていけばオブジェクトになる。
そういうことです。

あ、おなか一杯になりましたかね??
今回はMeshオブジェクトであることがわかっていただき
表示モード切替tabとサブディバイドが分かればOKです。

そしてSLでやればいいじゃん。と思われた方は
おそらく記事を読む必要はありません。そうすればいいと思います。
私達は、SLでデータを共有しようとしているのではなく
RLでデータを共有して生産性を上げようとしているので勉強なんです
SLは一つのアウトプットにすぎないと考えています。


ブレンダー目次
http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1455.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。