上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3Dビューなど見ている画面を回転させたり見せる方法を説明します。
形状を確認したり、作業している時にチェックする場合に使用します。

先に書けばよかったですが、2ボタンだけのマウスでは3Dに適しません。
センター中央にホイールのついているマウスを使用します。

■ナムパッド(ラップトップの人はソフトの設定変更が必要です。)
キーボードの右側の数字の部分をNumPadって言います。

numpad_convert_20110127234531.jpg

3Dビューの状態で数字を入力すると切り替わります。
(つまり、数字がショートカットになっているということです)
基本配置は3つ覚えればいいです。反対方向は、それにCrtl+です

\_( ゚ロ゚)ここ重要:いわゆる図面にある三角法みたいな配置
(下部のエディタータイプウインドウのviewを選択するとメニューで出てきます。)
しかも、一番よく使うかもしれないので、嫌でも覚えます^^;ご安心を。

Z軸から見たい場合:7
逆方向はcrtl+7
11012701_convert_20110127234606.png

Y軸から見たい場合:1
逆方向はcrtl+1
11012702_convert_20110127234632.png

X軸から見たい場合:3
逆方向はcrtl+3
11012703_convert_20110127234654.png

違いが判りずらいかもしれませんが、PC上ではわかると思います。
おそらく、カメラはゼロとかあんまり使わないかもですね。
また、4分割画面では、表示してますのでショートカットは効かないです。

■ホイールマウス
センターのホイールを使った操作を説明します。

bomu-mlg_bw_convert_20110127234504.jpg

\_( ゚ロ゚)ここ重要:センターホイールを使用する
3Dビューのカメラパース(SLの状態)で方向を変更する場合
マウスのセンターをクリックしたまま、カーソルを移動させると回転します。
(離すと決定)
また、センター回転部を前に進めると拡大し、手元に戻すと縮小になります。
どう表現しよう???

ほらね^^;
標準ビューから、ホイールをクリックして回転。ホイールをぐりぐりしてアップ。

11012704_convert_20110127234720.png

ブレンダー目次
http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1455.html


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。