上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はオブジェクトの追加、操作についてです
ちょっとSLとも似ているのでわかるかな??

まず、初期のキューブを削除します
cube(SLで言うBoxプリム)を選択し、deleteで消す。

OKですか?って聞いてきますので、deleteを選択する。
消えます。


■オブジェクトの追加
上部のインフォメーションエディターウインドウより
add-mesh-(形状選択)から選びます。

あるいは
3Dビューの中で
ショートカット shift+a で選択もできます。

いろいろありますね^^
モンキーってのもあります。どんな風に使うんでしょう?!
三角すいのconeを選択してみます。

11012501_convert_20110125215026.png

次にそのオブジェクトを操作してみます。
■オブジェクトの操作
下記のエディタータイプボタンに配置された
アイコンをクリックして選択します。
①移動、②回転、③拡大縮小
また、その左には3色で軸方向が表示されています。
(通常表示したまま、使用します)

①オブジェクトの移動
移動は色付きの矢印をクリックドラッグして移動します
(クリックを離すと決定です)

\_( ゚ロ゚)ここ重要:Alt+sで復帰
移動のショートカットはgです

3Dビューでオブジェクトを動かすと色々な方向に自由に動きます

移動方向を固定する場合

gxと入力します(x軸方向だけ自由に動く)

軸固定をしてみてみます
(ショートカットは、numpadの数字の1,3,7です)

移動方向の距離を入力する場合
数字を入力すると、その分だけ移動します
ダイレクトに移動する場合です
gx1(数値はマス目です)

11012502_convert_20110125215059.png

②オブジェクトの回転
回転は色付きの線をクリックして回転します
自由に回転することができます。

\_( ゚ロ゚)ここ重要:Alt+rで復帰
回転のショートカットはrです

軸固定をしてみてみます
(ショートカットは、numpadの数字の1,3,7です)

costraintコンストレイン=規制すると
その軸だけ動くようになります

マウスでも出来ますが。
便利なのは移動の時と同じように数字入力です。
回転の矢印が出ている状態で数字入力すると
45
45度回転します。
ctrlキーを押しながらrを押すと5度ずつ回転します
shiftキーを押しながらrを押すと1度ずつ回転します

※3Dビューでマウスで自由に回転できます。
数値入力は、SLでもそうですがコントロール難しいですよね^^;
(3次元でScaleボタンを押すと自由にわけわからなくなります)

11012503_convert_20110125215126.png

③オブジェクトのスケール(拡大縮小)
同じように拡大縮小は■をクリックして操作できます

色付きの線をクリックしたまま移動すると拡大縮小できます。

\_( ゚ロ゚)ここ重要:Alt+sで復帰
拡大縮小ショートカットはsですね^^

11012504_convert_20110125215146.png

少し趣向を変えて
右側のツールパネルウインドウのオブジェクトツールボタンを
使用してみます。少し違うのは、ボタンを押すと
マウスカーソルが矢印にかわります。

11012505_convert_20110125215210.png

この場合、マウスで変更して左クリックで決定
右クリックで、復帰。元に戻すことになります。

1.全体を比例でする場合
scaleを選択して、矢印になるので、左クリックで決定ですね^^

2.軸方向を固定し拡大縮小する場合
ツールパネルウインドウのConstraint Axisのチェックボックスを
使って固定することができます。

やはり、説明難しいです。。。ま、先に進みましょう^^;

ブレンダー目次
http://orionstaff.blog84.fc2.com/blog-entry-1455.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。