上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一部の人しか分からないかもしれない・・・。
こんな記事を書いてもいいのだろうか?と
悩みながら、書いてみます^^;
ある意味、SLは3DCGですけど・・。
CGって、半分はサーバーレンダリング時間です。
とっても工数と時間がかかります。

動画の見せ方って、いろんなマシニアとかありますけど
SL中心に考えると限界あるんじゃないかな?とも思ってます。

どんなにRLに近づけたとしてもSLを知らない人から見れば
残念ながら、しょぼく見えちゃいます。
従って、SLは素材として考えRL側を中心に考える方が
自然なんじゃないかなって・・。

いやいや、SLを否定しているのではないのです。
参加する楽しみ、思い出作りってものと”魅せる”ものを
作るって違うんじゃないかな?って思うんです。

通常、動画撮影って、手段はともかくSL内を中心に考えてると
思います。
SL上のライブ感はあるのですがインパクトがない・。ってことです。

(ここまで書いて半信半疑ですが、話を進めてみます)
特に文章だけなので、イメージリンクを挟んじゃおうっと☆

CGって基本アイデア+素材合成だと思うんです。
http://www.youtube.com/user/ArtemMotor#p/u/5/0y3EvhVSSrw
→動画を重ねていきます。
 カメラの角度を合わせることが重要です。
 ですから、手動ではなく、カメラHUDの使用なんかが重要なのでは
 ないでょうか?!

アバウト15年前からある「モーションキャプチャー」って
聞いたことあります?人間の位置情報を記録して・・です。
→最近SL内でもアニメーション使われるものが多くなってきましたね

3Dブームというか3D産業展示会でも
マッチムーブというものがアバウト3年ぐらい前から出てきて
ソフトがあれば、できるようになり動画に3Dを重ねることもできます。
http://www.youtube.com/watch?v=N9n0uCk5whI

たとえば通常映画なんかで見ているのって、こんな感じかな!!
その1
http://www.youtube.com/user/cicciocardullo#p/u/0/AkOkj2lq-U8その2
http://www.youtube.com/watch?v=lsd4210odtw
とかですか?!

ということなんです。

現状は、SL内プロモーション映像をつくるなら
動画撮影して編集加工ツールを使って出来ちゃいますよね?
animotoの活用なんてことも出来ます。

もちろんそれもあり。だと思います。ってか、そっちの方が楽!

んでもプロモっぽいものは合成が中心になるんじゃないかな?
って思ってます。それは、SLに限界があるから???
http://www.youtube.com/user/EvaDivaSmalls#p/u/3/6K3VZVCdlds

しかし、もしもCGを使うなら、
いかにSLで良い素材を作れるか?!撮影ができるか?!
にかかってくると思います。かなり打合せが必要だと思います。
その時に、ギガ単位のファイルをオペレーターへどうやって供給を
するのか?仕様は?avi形式とか音ならwav形式とか決めないと・・。

RL作業になるのでタチマチ問題になってきます。

また、(私パーティクルショップなるものをやってるんですけど)
CGのパーティクルへは足元にも及びません。
逆にSLのパーティクル類はできるだけ使用しない方が良いと思います。
→プロモの素材の話です。

書きたかった事をまとめると・・・。
-------------
・アバターのいない素材
・アバターのみの素材
・実写(写真や動画):コストを下げる工夫です。
・構成を考えて各素材カメラ位置を合わせたり
 +CG

最近の動画にはテロップ情報を流すことも多いので
・テロップ(英語)

 もちろんシナリオがあって・・。
 SLでの良い素材と良いエフェクト加工が必要ですね?
 もちろん音楽やサウンドエフェクトも必要かもしれません。
-------------

↓ここからは蛇足です↓
昔の日本人って職人魂とかいって、頑張れていたのに
西洋文化の対価。みかえりを重要視するようになり
なかなか無料投資で気合を入れる人も少なくなりましたが、
逆に欧米のかっこいい、セクシー、面白いを軸に
採算度返しにしたもの(後から対価は付いてくるという考え)
って出てきてるって思うのですが・・。

ってか、実は残ってますよね?!
”無償で公益活動に参加するなど日本の高等遊民”さん!!
だと思います。例えるなら有名どころでは・・・。
http://kyourankyodai.com/2009/02/04/tripshots-nebula-3d-pv/定義というより、僕のイメージですが・・。

ああ、んで思い出しました。CGの話初音ミクであったようなww
好きな動画↓eフロンティアのシェードのPR?うふ
http://www.youtube.com/watch?v=lUyD8dKsDgc
http://www.youtube.com/watch?v=36PtzmLmbvA

3DSもついでに
http://www.youtube.com/user/spyvspyaeon#p/u/7/F469C19a-Xw

と色々見ながら、皆で話合い、考えながら、着地点を決めて
動画の品質を上げていったら良いと思います。
SLだけで、たくさんの情報・ファイルを共有することは不可能って
僕は思ってます^^;
スポンサーサイト

コメント

マシニマの世界

簡単に言っちゃうと、SLのメリットは「安く手軽にできること」だと思います^^

映像クオリティーをあげたマシニマは、やはりいいですね^^

SLではどうしても指が一本一本思い通りに動かなかったり、体の中に腕がめり込むと、足の指が汚いwとか、身長2mぐらいないとシェイプの調整範囲が狭くなるとか、アバターモデリングにも問題があり、乗物も部品(プリム)の数が32個の制限があるために、飛行機の着陸で主翼がたわんだり、サスペンションが沈み込むといったリアルな動きがないのが非常に残念です^^

では、SLなんて辞めて映像クオリティーをあげて再現されたマシニマ作れば~って言われそうですが(^^;)、イチゴーさんも書かれてる様に、重ね撮りされた動画の加工という作業を経てしか体験することができない、つまり、そういった環境を持つ方(しかもソフトは安いものでウン十万!)しか造る事ができない、環境を持っていない方は、造られたマシニマを見ることしかできないという、これもまた残念です^^

結局のところ、妥協ではあるのですが、SLなら電気屋さんで買ったパソコンで、気軽に体験することができるということが大きなメリットだと思っています^^

SLのライブはリアルタイムでできることで最高のものを、映像に残すことを目的にしたものは、多重撮影+エフェクト処理で・・・という方向になると思います^^

あ、ちなみにRLにすると「おぢさんw」で、SLだからイケメンというのもありますw
もちろん、男性だけでなく、女子の場合も・・・・^^;

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。