上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応募してみようかなぁー。
何を??決めてません^^;

---http://lindenlab.com/lindenprize/ja-JP---より
2010年度Linden Prize
Linden Prizeは、仮想世界の外の実世界に影響を与え、 人々の働き方や学び方、コミュニケーションの方法を改善することに貢献したSecond Life内の革新的なプロジェクトの 開発者である個人またはチームに1万ドルを授与するというものです。 年に一度実施されるこのコンテストは、 「人間の能力の限界を超えたオンラインワールドにすべての人をいざなう」というLinden Labのミッションと結びつけるものです。 Second Lifeの多くのプロジェクトは既に世界中の何百、何千もの人々の生活を向上、変化させてきました。 その功績をユーザーの方々に是非認識していただきたいのです。詳細はFAQをご覧ください。

応募受付締切日
申請書、リファレンス、推薦状の提出締め切り日は 2010年1月15日(米国西部時間)です。

受賞者発表
受賞者及び最終選考候補者の発表は2010年5月31日(米国西部時間)までに行われる予定となっております。

Linden Prize判定基準
最終選考者と受賞者は、複数の基準によって判定されます。


•Second Lifeでの活動がSecond Lifeの外の世界において賞賛され具体的な影響を及ぼす成果をあげたもの。
•Second Lifeを用いた顕著で独自の活動で、ハイクォリティー、制作、効果、美しさ、技術的な洗練さを表現したもの。
•Second Life内外での活動において相互に将来的な発展、知識、創造性、共同作業を促進し、影響をおよぼすと考えられるプロジェクト。

応募資格
•2009年12月31日付(米国西部時間)でSecond Lifeの住人として一ヶ月経過し、Second Lifeネームを持ち、アカウントが有効かつ優良であること。 メインでご使用のSecond Lifeアカウント名を使用してください。
•Linden Prizeは、既婚の有無、人種、民族的出身、肌の色、宗教、性別、社会的経歴、出身国を問わず授与されます。
•Linden Labの社員、その家族、審査員、投票者はLinden Prizeへの応募資格はありません。
•過去にLinden Labに雇用されていた個人及びグループは応募資格がありません。
•知的財産権の申請、許可を得ていないプロジェクト、あるいは許可なしに他人の知的財産を使用したプロジェクトは対象外となります。
•2009年度Linden Prize受賞者は今年は資格がありません。
応募後:
•応募が受け付けられたことを確認するメールが届きます。
•応募申請した内容のコピーをとっておいてください。
•一つのプロジェクトにつき一度のみ申請を行ってください。 一つのプロジェクトに対し複数回申請した場合受理されない可能性があります。
•複数の申請をした応募者には、申請ごとの返信は行われません。 確認メールが一通のみ届きます。
•最終選考候補者には、Linden Labから必要に応じて確認の連絡を取る場合があります。
•提出物の返却はできませんので、参加者は代価のきかないオリジナルを提出するのは避けてください。
アウォードマーケティングとパブリシティ
•Linden Labはエントリー数と最終選考候補者数の発表を行います。 最終選考に残った応募者のみ発表となります。 その他の応募者はLinden Labのプライバシーポリシーに基づきアナウンスされません。
•世界中の方々に結果が行き渡るよう、Linden Labからプレス、TV、インターネットなのでメディアでのPRキャンペーンを行うかもしれません。
•最終選考候補者と入賞者には、プレスリリース、セレモニー、メディアインタビューなどのLinden Labマーケティングイベントへの参加要請がある予定です。
連絡先
•プレス関係者のお問い合わせは、Press Contactsまでお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。