上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、ではプリムを出してみましょう!!
サンドボックスはココ↓
DAIKIN Air Resort(一番南西の位置にもあるよ)


普通は、builder's toolでグリッドを出して配置しやすいようにしましょう!
→オススメは、Builder's SkyBoxかな?下記にFREEで置いてありますよ。
http://slurl.com/secondlife/Babeli/127/108/24
GRIDがあるサンドボックスは少なく、地上で作業するの他の人にジャマでしょ。たぶん。
もし良かったら、カード登録や住所などの登録をリンデンにしている人という条件でなら
Fermatのサンドボックスには地上150mに常設してますよ。


■仕様はこんなもの
12×15m高さ16mです。
ということは、1プリム最大は10mですので半分にして6m×7.5m×8mってのが住むところ
http://orion.slmame.com/e479482.html
床は6m×7.5m×3mで、天井は6m×7.5m×1mにしましょう。

前置きはこれぐらいにして
1、プリムのサイズを作る
 土地にプリムを出して、引き伸ばす・・・・・。って事も出来ますが数値を入れましょう!
 作りたいのは土台の6m×7.5m×3m
■サイズ
 x0.50→6m
 y0.50→7.5m
 z0.50→3m

次の段階に入る前に位置を.000って丁度にしておきましょう。計算しやすいよ♪
■位置
 x→○○.000
 y→○○.000
 z→○○.000



2、コピーしてプリムの仮配置する
サイズが同じ残りの3つを作ります。
ctrl+Dを押しながらリターン:プリムコピーですね(shift押しながらドラッグでも良いですけど)
x、yが0.5ずつズレて出現します。 zは同じ高さです。



残りの3つを位置をそろえます。
元の位置情報を持つプリムの位置の欄の数値をダブルクリックして
動かすプリムを右クリックします。すると、その情報はコピーしてないのに変化してません。
そこで、、リターンするとその希望する位置へと動きます。

<元プリムの情報>

<移動するプリムの情報>

同様にして、それぞれx、y軸をそろえると4つのプリムが綺麗に隙間なく並びました。

3、プリム(4つ)をリンク(グループ化)します。
プリムの編集画面から範囲内または、shiftを押しながら選択します。
選択した状態で、ctrl+Lでリンク出来ます。
※リンクは最後に選択したものが親になります。出来るだけ基準となるものが
あとあと計算とかしやすいですね
→リンクされた青と黄色のプリムの集合体。。。。黄色が親です(青は子供)
 また、プリムの集合体をオブジェクトといいます。



4、さらに必要プリムをコピーして配置する
リンクされたオブジェクトをさらに3つコピーを作って、土台の上に並べます。
z位置を元のプリム中心から計算して配置します。
→今回は3mの半分の位置と8mの半分の位置・・・1.5m+4m=5.5m
 その次がその5.5m+8m=13.5m
 そして屋根が13.5m+0.5m=14m
 を基準高さに加えます^^

はい。基準軸をあわせるとこんな感じ
(高さはバッチリ。どうせ後から2段目、3段目は消しますのでサイズは変更しなくてもOK)



僕はいつもやりながら計算してるので、ブログを書きながら想像でやってるのが面白いです^^;
適当にすると、隙間があいたり、重なったりしてギザギザがみえるんですよね。

3、primfinderで作ったものを置き換える
 2面を1面に減らします。カット面にテーパが出来るので普通そこに円柱(シリンダー)を
 配置して隠すの普通ですけど、これもデザインとして思えばいいと思います。

 んでベースタイプのBOXを選択しました^^


 先ず、差し替えるプリムのリンクを外します。
 ctrl+shift+L・・・・・・・・・リンクをするにプラスシフトキーで解除です。
 注意、いっぺんにしない方が良いです。選択し間違えると逆に面倒になるので
 作業するものだけ、リンクを外しましょう!

 したのプリムだけ差し替えてみました。位置情報は記録してから
 新しいプリムに差し替えてください。
 (なぜ、こんなややこしいことするのかって?今回は使いませんが
  ヒュージとかスカルプとか位置が判らなくなるんです^^こうすれば後で悩まなくて良いから)



 同様に屋根を薄くして、上の段も行ってください 

4、ちょっとデコレーションする。
4-1、屋根にこんな突き出しを・・・ペッタンコにしてテクス処理ってあるけどもー。



4-2、電球とか作っちゃいましょう。
 Primfinderで、Lightを選択してみました^^;後から設置しよう!  

4-3、看板を貼れる様にしてあげるとか・・・これは買った人が出来ますね。
 でも、商品販売するなら写真を載せるので、買いたくする画像なら要るかも・・・僕は没にしとこ
4-4、下の段には入り口を作りましょう!短手の方に作ってみます
 編集>オブジェクトタブ>パスカットの始点と終点で数値を触ってくださいね。。。
 僕はガラスにしたいので狭めのE(終点)0.675に設定しました。
プリムでのオブジェクトは完成です。



次回はテクスを貼ってみましょうねぇー!! もうちょいです。ワクワク
その前に、ちょっとジャマですよねぇー!!
スポンサーサイト

コメント

初めてコメントさせていただきます。
コージィと申します。よろしくお願いします
Ctrl+Dで複製を作って位置の数値を変更して隙間無く並べていらっしゃるようですが、SHIFT+軸移動を使うともっと簡単にできますよ。
ルーラー・モードを世界から「ローカル」に変更します。
SHIFTキーを押しながら、移動したい方向の軸をドラッグします。このとき、メモリのx1のところにあわせると隙間無く移動することが出来ます。
ルーラー・モードを「ローカル」にして軸移動すると、回転しているオブジェクトの場合、斜めに移動できるので便利です。
ご参考まで。

コメントありがとうございます。
うんうん。そうですよね^^僕もそうする時もあります。
1品ものの場合は、わかりやすいし、それが一番いいですよね(他のブログにもありますよね^^同感です)。
あえて、こんな風に書いたのはオブジェクト制作において時間をかけずに、生産性を上げて量産する方法としては、絶対値の入力を覚えてほしいからなんですよ。
3DCADとか図面とか実務で大量に作成する時には、合理的作業方法として集中(今回コピーです)する方法をしてると思うんです。それで記載しました^^
また、ものづくりにおいて画面に入らないときとか、逆に集中している時とかプリムを飛ばしていかないといけませんしね。
ほんとに、コージィさんありがとう。
前にブログ読ませていただいてたので嬉しいです^^

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。