上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ。投げやりの6号のコメントwwwにビックリしました^^;すみません
(ECサイトは個人活用なので、あまり深く説明しない方がよく正しいかもしれませんが・・)

今回、ECサイトアドレスのリンク一覧表を掲載します。(別途、紹介したいと思いますけど)
詳細は、それぞれの利用登録(resiter)ボタンで行ってくださいねぇー。

■商品販売・購入サイト一覧
メタコマースは、ソラマメブログで獲得したポイント「マメタ」と仮想アイテムを交換できる、
出店無料の市場サービスです。(と一応トップに記載しました^^)
http://shop.slmame.com/mtc/blogger/?sid=slmame.com

日本語を自動的にWEB変換してくれる多言語対応アイテム取引仲介サイトです。
http://www.vitty.jp/

SLトレーディング
http://sltrading.jp/

SLアイテム
http://slitem.jp/

Xstreet(旧SLExchange)
http://www.xstreetsl.com/index.php

Onrez
http://shop.onrez.com/

ちなみに商品販売と、ものづくりのポイントは見栄えとセールストーク
■パッケージについては
背景レイアウトデザインや、大体の文字レイアウト位置を先に決めるといいですよね?!
なんとなく、高級ブランドっぽいでしょ???
参考にならないかもしれませんが、DK1ショップの場合のパッケージは
背景にパーティクルぽくしてまして、空欄に画像や補足を入れてます。

下記はパッケージ例であり、Bababaaanという商品はありませんけど^^



あと商品パーッケージの美しさは販売を左右するので、とっても重要です。
作成時には、それぞれの要素部品などもSS撮っておきましょうねぇ。
サイトのレイアウトが固定されている以上、最も売上を左右するのが商品の写真です。
商品の写真が美しければ、買いたいと思う気持ちは高くなります。
さまざまな角度からの写真が撮られてたりと、実際に手に取ることができない
訪問者のための工夫がなされているなら、なお良いと思います。
サンプルがインワールドで試せたりすると一番良いかもしれませんね?!
しかし、プリム数が・・・・あは^^;
最近は、サンプルオブジェクトを選択されたものだけ出すような
便利なベンダーシステムもありますね^^
やっぱ、AnimeならYoutube動画情報が有効ですね^^リンクすれば良いですし。

販売先の同じような商品の売り文句はチェックしておきましょう
インターネットで買い物をしたことのある人で、セールス文章に乗せられてついつい
購入してしまったという経験のある方も多いと思います。
もし同じ商品であったとしても、前見つけた商品は買わなかったのに、
今見た商品情報が良さそうだから買うことにした、ということもあるでしょう。
このようにECサイトでは売るためのセールス文章も重要なのです。
是非、売れている商品の文章はチェック要ですねっ。

今日はこれぐらいで^^;またねん

サイトへの会員登録については日本語は大丈夫ですかね?????

Xstreetへの登録や商品販売方法については下記ブログがとても参考になります
http://how-to-selling-at-slx.blogspot.com/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。