上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保存の前に・・・・用語説明から^^
モーションデータって何?っていうことだと思いますが
セカンドライフでアニメーションをする方は知っておく必要がある用語です。
つまりアニメーションの専門用語として広く使われているから、ブログなどググり安いのです。

まず、インワールドビュアーにおいて
メニューのファイルの「アニメーションのアップロード」ができますよね!
アニメーションはBVH拡張子データになります。
このBVHデータが一般的にモーションデータと呼ばれてるようです。

BVHデータとは、ボーン(アバターの骨格)と呼ばれるものを座標位置で指定しているデータです。
前回も書きましたが、ポーザー画面上でアバターを拡大縮小させても反映されない事がたくさんあります。
ポーザーで頑張ったのに結局セカンドライフでは何も使えなかったと言う寂しい事にならないように・・・。

では
■データの保存
?基本的にはポーザーのファイル(拡張子.PZ3)で小マメに保存してください。



?アニメーションが完成したら、モーションデータ(拡張子.bvh)に書き出します。



?セカンドライフにbvhデータをアップロードする。



という手順で扱っておくと便利です。データを有効活用するためにも.PZ3で保存しましょう^^
あっ。Widouws VISTAとは相性がよくないため、小マメに保存したほうが良いですね。

アニメーションが出来て、さぁ書き出しだ!という段階で
ポーザーがフリーズする事はもう普通って感じです。(忍耐力が必要ですね)
たまには、ポーザーさんご機嫌さん☆のときもあるんですけどねwww(笑)

<参考>
良くフリーズする2つの作業を書いておきます。
(これらの作業をする前には、必ずいったん保存してますw)
 ? アバターのポーズを左右対象にするとき



 ? BVHデータ(テキストデータ)への書き出しをするとき



これらの解決策としては、
 ?解決策→アニメーションを再生したり、別の作業をしているとすんなり出来たりする。
 ?解決策→アバターのボーン以外の所(カメラやライトなど)がアニメーション編集グラフで緑色になっていると、
   落ちやすいので、ボーン以外の所は削除してからBVHデータを書き出す。
なかなかの民間療法ですが参考までに・・・。

あまりにもパフォーマンスが低下しているときはこちらを参考にされても良いと思います。
http://zenryokuhp.com/poser-oboegaki/archives/2007/05/post_72.html

<一口メモ>
もう1つ。PZ3データもBVHデータも実はテキストデータで開けちゃいます。
それぞれの詳しい中身は、開いてみるとなかなかヘビーな内容になってます。

で覚えておくと便利なのはBVHデータのここ↓
丸印は再生のスピードとフレーム数。



1枚のフレームを何秒で送って、何枚のフレームを使うんだという事なのですが、
テキストデータなので、ちょこちょこっといじってやれば、アニメーションの再生スピードを変更できます。
ポーザーで書き出したけど、再生スピード変更したい!!と思ったときに、もう一度ポーザー立ち上げて、
書き出す事考えたら、こっちのほうが早いですね。

アップロードしたアニメーションデータは30フレームを0.5秒/フレームなので、15秒のアニメになります


あとデータのやり取りとして、結構便利なんじゃないでしょうかね??
もし、ポーザー仲間が出来たらテキストのやり取りで、交換できるのでぜひオススメです。
セカンドライフにアップロードしてしまうと、アニメーション自体のモディファイが出来なくなりますからね。

詳細設定については次回にしますね^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。