上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、楽しみにしていたイベントにも行けず、大きな空間で作業していたので
3D酔いも重なり、寝てしまった^^;

今日のイベント楽しかったんだろうなぁーと思います。いけなかった分、マークしとこ^^

さて、今日は、写真もないので別の話ですけど、グダグダ感いっぱいの
デジタルと違法コピーの関係みたいな話をしたいと思います・・お、ブログっぽい^^

パーミッションとかグループ設定のtakeとか間違えやすいですよねwww

うんうん^^

本題です。
総務省がキャラクター売買に関する課題などを検討し、制作者の利益を守れるような
ガイドラインを年度末にも策定。
って4月末に出てましたよね

セカンドライフでは、パーミッションというもので守られているような感じもしますが
まぁ、そんな簡単な話ではないのでしょうね。
リアルな話でも日本の産業がグローバル化するに従って、日本の生産能力は鈍化しつつあり
儲かってる企業も現地の。。日本以外とかだったりして?!
ほんと、日本はアイデアを考えたところにロイヤリティみたいなものがないと生きて
いけませんものね^^;
アニメ、CG、TV制作、音楽とか資源にしようとしてますし、アイデアが資源になる時代は来るのか?
って所でしょうか。
ほんと日本の未来において重要な話だと思いますよ。
(目先の内需拡大とか、がんばらなアカンけど、そう言ってたら、ちょっと無関係ですな・・・。

切実なのは日本人単価高いから要らない時代くるかもだし・・・。来てるし(泣
僕自身がデータ制作・加工や提供とかをやってますので著作権とか所有権など
いつも隣あわせで、海外でも元素材はぶったぎられるし、あんまり深く入りたくないところです。
業務契約書とか文面なんか相手を信用しない訴訟対策みたいなものかもしれませんし・・
(いずれTrenzaのクリエータースタッフさんにもそんな事が必要になるのでしょうね。
 悲しいけど、巨大化・グローバル化にはつき物なんだと思います。
 グループの株式化とか並行して必要かもしれません。。。

→そうなるとかなりバーチャルカンパニー、大人の遊びですね)

まあ、パーミッションの話に戻りまして、
オブジェクトやRL物を参考にして、見よう見まねで、似たようなものを作ることができます。
つまりパーミッションが設定できてるから安心ということではないんですね。
もちろん、独自のアイデアでキャラも作れます^^
もしかすると、将来オブジェクトから何からデジタル3Dコピーツールが出てくるかもしれませんね。
(あまり心配しなくていいですけど、もしヒット商品つくったら海外へ移住して節税対策かなぁww。)
著作権を守るとともに、登録すると開発者への印税みたいな仕組みでも出来るのかもしれません。

と、難しい話をグダグダ書いてみましたが、僕は内容はよくわからないんですよ☆
ただ、10年前のインターネット普及の時と似てる感じですね。
ああああー一緒だぁー。日本普及してないのに・・・。

さぁ、愛くるしいオリジナルキャラ、夏までに、なんか考えとこっと。←興味本位

あとビジネス特許らしき独自性のあるもの整理しとこ。←独立準備かぁ?(笑

産経ニュースリンク↓
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090420/biz0904200102000-n1.htm

10年前のインターネットの時と似てる感じ↓
http://www.soumu.go.jp/iicp/chousakenkyu/data/research/monthly/m-serch/telecom/1998/no112/p50.html

著作権がらみのITビジネス展開してる人でも、分かりずらいグタグタ感ですみません。
最後まで読んでくれてありがとう^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。