上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンスフロアとかによくあると思うんですが、質問されたのでブログでフォローします。

テクスチャーをアニメーションするわけですからllSetTextureAnimを使います。
アイピロさんも書いてますけど↓わかりやすい^^
http://www.aipiro.com/lsltips/index11.htm

例2の
llSetTextureAnim(ANIM_ON | SMOOTH | LOOP | SCALE | PING_PONG ,0,0,0,0.8,1.0,0.1 ); を使えば良いんですね

んで、画像を時間が来たら自動的に変更すればいいので
オブジェクトコンテンツに複数のテクスチャーを入れてチャンジャーすればいいですよね。。
http://zero2000.slmame.com/e72806.html

説明下手でした^^;
ショップの看板に使ってるのは、これです↓
float ChangeCycle=30;
integer ItemType=INVENTORY_TEXTURE;
integer txct;
integer num;
list list_tx;
string textureName;

getTxlist() {
llSetTimerEvent(0.0);
list_tx=[];
integer i;
txct = llGetInventoryNumber(ItemType);
if (txct!=0) {
for (i = 0; i < txct; i++) {
list_tx+=llGetInventoryName(ItemType,i);
}
llSetTimerEvent(ChangeCycle);
}
}

setTexture() {
if (txct!=0) {
num++;
if (num>=txct) num=0;
textureName=llGetInventoryName(ItemType,num);
llSetTexture(textureName, ALL_SIDES);
llSetTextureAnim(ANIM_ON | SMOOTH | LOOP | SCALE | PING_PONG ,0,0,0,0,1,0.1 );
}
}

default {

state_entry() {
getTxlist();
}

on_rez(integer int) {
llResetScript();
}

touch_start(integer t) {
setTexture();
}

changed(integer change){
if (change & CHANGED_INVENTORY){
getTxlist();
}
}

timer() {
setTexture();
}
}

釣りをしながら、ものづくりできるよww看板が、テクス変更と拡大縮小してるでしょ^^



http://slurl.com/secondlife/Trenza%20CAFE/71/183/22


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。